**雨天順延**

日記に載せられなかった写真をにょろにょろと。くまドルーティスト山形みらいの画像格納庫みたいなもの。

食レポは大変…そしてハイウェイ太り(C)へ

食レポは簡単そうと思っているそこのあなた!実は大変なんですにょ。
レストランや売店のスタッフさんが作ってくださった食べ物は
美味しく楽しくいただきます。
でも食べ過ぎ注意。自分の健康を維持するのも大変なんです。
だって…
「首都高のパーキングエリアのごはん、美味しすぎるんだもん!」

日本サぱ協会が監修している 首都高NEWS「めざせ!PA通」では
「首都高ではこんなに美味しいものが食べられるよ~♪」という食べ物情報も掲載しています。


f:id:xxSweetiexx:20170423013308j:plain
首都高 加平パーキングエリア photo by @aobamisa N-SAPA

毎回3つの柱を決めて、編集さんと打ち合わせをするのですが、泣く泣くカットしなければならないネタもあるのです。
それなので、掲載されている情報の3倍のごはんやスイーツを食べて、レポートして、編集さんに提出しているんですにょ。

連載始まって以来、今まで一度も食べ残しをしたことはありません
日本サぱ協会の協会員 ならびにスタッフが、毎回美味しくいただいております。


f:id:xxSweetiexx:20170423013242j:plain
首都高 大黒パーキングエリア photo by @yuuki1009 N-SAPA

首都高NEWS 2017年3月・4月号は大黒パーキングエリアの特集というとで、
2階のレストランで、サンマーメン食べました。これがすごく美味しかったです。
太い麺にたっぷりお野菜にはとろみをつけて…一度食べたらまた食べたくなるラーメンです。


私ね、地上波にデビューした当時、ごはんがあまり食べられなかったの。
ある日突然、外食することが怖くなって、お外でご飯がたべられなくなってしまったのです。

その時にいただいた最初のテレビのお仕事が「食レポ」だったからすごくすごく大変でした。
本当は全部食べたかったのだけれど、食べられなくてとても辛かった;;

でも、今はごはんがとても美味しいです。
美味しくて、美味しくて、本当に困っています^^;アセアセ
でもそれはすごく幸せなことなんですね。

山形みらいが高速道路のSA・PAでやりたくなる活動 そにょ3

サぱ(SAPA)からサぱ(上り線 or 下り線)を眺める。

f:id:xxSweetiexx:20170421044218j:plain

上下線が集約されているサぱではなかなか難しいですが
中央自動車道 諏訪湖SAのように下り線の方が上り線より高い位置にあると…
諏訪湖と一緒に上り線のサぱも写真に収めることができるのですよね。

この他にも…名神高速道路 大津SA(&琵琶湖)や、新東名高速道路 駿河湾沼津SA(&駿河湾
などなど…。
サぱと自然の景色とを同時に写真に撮ることができるのです。

きっとすごく素敵な写真が撮れると思うからぜひ試してみてくださいね。

新東名てけてけウォークに行ってきたにょ♪ 新城IC~長篠設楽原PA

新東名てけてけウォーク in 新城IC~長篠設楽原PAに行ってきました。この言い方はなんだかとても懐かしい気がします。2012年2月の新東名清水いはらICてけてけ以来です。


■本日のログ
f:id:xxSweetiexx:20151012223513j:plain
スタート地点は『道の駅 もっくる新城』です。
新東名 新城ICからにょろっと入り、ゴール地点の『長篠設楽原PA』までの約3kmをてけてけ歩くツアーです(制限時間3時間)。
普通ならば3時間で歩くのは余裕のはずですが、道中写真を撮ったり、標識や重機に目を奪われて足踏みした結果、たっぷり3時間かかってしまいました^^;


ツアーは復路のバスがパーキングエリアで待機してくださっているのでとてもありがたいのですが、時間の自由が利かないのは悩ましいところです。
来月は岡崎SAを目指してゴールするてけてけイベントに参加しますо(^-^)о

小黒川パーキングエリアのフォトフレーム

中央自動車道 小黒川パーキングエリア下り線には、「フォトフレーム」という写真の枠に見立てたオブジェがあります。

f:id:xxSweetiexx:20150822040500j:plain

これは2010年9月に撮影したものです。
このフォトフレームが…


f:id:xxSweetiexx:20150822040642j:plain

2015年8月現在、こんなに立派になりました!
枠に装飾を付けて、さらに底上げしたのですね。

相変わらず逆行で南アルプスを写すには至難のワザですが、この日の空はとっても綺麗だったので素敵な一枚になりました♪

新東名を走るときはなぜか赤い色のお洋服が多いのです。

アクセルを3%踏み込むとか、3倍の速さで走るとか、そういう訳ではありません。
そして、狙っているつもりもないのだけれど、赤い色のお洋服が多くて、最近は深夜に訪れることが多いです。

f:id:xxSweetiexx:20150611172523j:plain

写真は新東名高速道路 NEOPASA清水(上下集約)にて。
後ろの車のオーナーは、わ・た・し(違笑)


高速道路を利用される方で、SA(サービスエリア)は、施設が充実していて、PA(パーキングエリア)はSAよりも施設が充実していないという認識がある方が多いと思いますが、一概にそうではありません。


NEXCO中日本エリアでは、NEOPASA清水のようにPAだけれど、SAのような雰囲気のPAもあります。
NEXCO東日本エリアでは、最近とても注目されている東北自動車道 羽生PA鬼平江戸処)のように、目的地となっているPAも少なくありません。
NEXCO西日本エリアでは、草津PAのように、利用者のニーズに合わせた充実の施設が揃っているPAがあるといった具合に、PA=施設が充実していない」という訳ではないことをぜひ知っていただけたらと思います。


高速道路のSA・PAは高速道路民営化以降、確実に変わっています。逆に以前のような昔ながらのSA・PAというのは少しずつ減少している状態です。それはそれで少し寂しい気がします。そういう趣のあるSA・PAもニーズに合わせたということでは必要だと思うのですけれどね…。

ありそうでなさそうみ。

日記に載せられなかった写真をにょろにょろと。

f:id:xxSweetiexx:20141013020934j:plain

北陸自動車道 有磯海サービスエリア上り線は、私のお気に入りサービスエリアのひとつです。
休憩しているうちに、高速道路にいるということを、ついうっかり忘れてしまいそうになります。
ここに来るときは、運転手じゃなくて助手席がいいなぁ(笑)。


有磯海サービスエリア上り線のイカした?!電話ボックス。

f:id:xxSweetiexx:20141013021811j:plain

携帯電話が普及してから公衆電話を利用することはなくなってしまったけれど、これはちょっと入ってみたくなるイカしたヤツです(^^)d

山形みらいが高速道路のSA・PAでやりたくなる活動 そにょ2

f:id:xxSweetiexx:20140314000422j:plain

それはね…スタバ活動(笑)。紅茶は大好きですが、スタバも好きです。
でも、残念ながら、新東名高速道路には今のところ(2014年3月現在)スタバは参入されていないのですよ;;しくしく。
なぜ新東名にスタバが無いのか!?きっとこれは、みなさん知りたい情報に違いないですよね。
その真相を確かめるのが私、山形みらいの役割です(笑)。
 
f:id:xxSweetiexx:20140314000501j:plain
しかし、どこまで話したらいいのかもにょもにょ…でして。
そういう話をしたいけれど話せない部分がある所もみなさん、私のレポート等からお察しくださいませ。
先日、名古屋で開催されたハイウェイサぱミットのように、閉鎖的な空間でしたら色んな話題が飛び交うので、
もしかしたらそいう話が出てくるかもね(はぁと)。
 
ところで、以前スタバ(タリーズもですが)には、「高速道路限定タンブラー」というものが存在しましたが、
ご存知ですか?
スタバご当地カードにマグカップ、タンブラーは勿論ですが、高速道路にもタンブラーがありました。
私はこのために立ち寄って集めたのですが、勿体無くて使っていません(そのため写真は割愛)。
 
実は数年前に、東名高速道路浜名湖サービスエリアのスタバに、限定の「絵」があったのです。
 
f:id:xxSweetiexx:20140314000741j:plain
スタバのタンブラーには、自分で好きな絵や写真を入れることのできるタンブラーがあるのですが、
浜名湖サービスアのスタバには数年前、そういったデコレーションできるタンブラー専用の「絵」がありました。
絵には浜名湖サービスエリア店」の文字が入っているのがレアな一品!
f:id:xxSweetiexx:20140314000606j:plain
お店の方曰く、「持っている方は貴重です。そして、使ってくださっている方も。」との事。
それを持って私は浜名湖サービスエリアのスタバに通う事が多いですね。
そうすると、浜名湖サービスエリアのスタバスタッフさんに、「この絵うちのですよね!」と、いった感じで、
とても喜ばれるのです*^^*私も嬉しいです。
高速道路のチェーン店にも、こういった『ご当地限定の何か一工夫』があると、
「そこに行ってみたい!」「そのためにこのSA・PAに寄ろう!」という気持ちになるものです。